【まだ間に合う!】就活留年の相談をする前に大手にチャレンジ!

【まだ間に合う!】就活留年の相談をする前に大手にチャレンジ!

この時期になると、もう一年就職活動をやり直そうか悩みますよね。今回は、就活留年を考える前に新卒へのチャレンジを諦めて欲しくなく記事を書いています。

就活留年のメリット・デメリットは?

まずは就活留年のメリット・デメリットを見ていきましょう。

就活留年のメリット

就活の流れがわかっている

就職活動を一度やられているのでわかると思いますが、「もっと早くあれをやっておけばよかった!」「これを準備しておけばよかった!」など、思うことはたくさんありますよね。就職活動は全体像を早めに知っていると有利に働きます。

しかし、実はメリットはこれくらいでデメリットも非常に多いのです。

就活留年のデメリット

お金がかかる

まずはお金がかかります。

一つ目が休学費用です。国立大学の方や一部の私立大学の場合は無料や数万円で対応してもらえますが、ほとんどの大学であれば数十万円は最低かかるでしょう。

二つ目は就職活動の活動資金です。就職活動中はアルバイトもできないため、交通費や食事代など10万円近くはかかります。また地方の人であればさらに数倍のお金がかかります。

入社が遅れる

入社1年くらい大きな差になるかといえば、そんなことはないですが、1年間でもらえるはずだった年収数百万円分はもらえないことになります。

能力は大きくは上がらない

ここが最大に注目してもらいたいポイントです。就活留年をしたからといって能力が極端に上がるわけではありません。

就活留年をおすすめする人の特徴

・部活動に忙しくて就職活動を行う暇がなかった。

・海外留学に行っていて就職活動を行えなかった。

上記のように就活中に別の努力をしていた人は就職留年をおすすめしますが、その他の人は無理に就職留年をしないほうが良いでしょう。

この時期に味方になったくれる就活エージェント

就活留年を悩む前に就活エージェントを利用してみましょう。大手の求人がまだまだ残っています。

王道!安心感No.1 マイナビ新卒紹介

マイナビが行っている新卒紹介です。マイナビが新卒学生をサポートしてくれます。

おすすめポイント1 個別カウンセリングで自分らしさを再発見

キャリアアドバイザーがアドバイスをしてくれます。仕事での強みがわかる適正診断もしてくれるので就職活動に迷っている人でも自分らしさを再発見できます。自宅が遠い人はテレビ電話でも対応してもらえます。

おすすめポイント2 個々の面接対策をしてくれる

マイナビ新卒紹介でも個々に合わせて面接対策をしてくれます。企業の採用の傾向を教えてくれるので今までイメージで面接を行っていた人でもアピールポイントを整理することができます。

マイナビ新卒紹介の詳細はこちら 

 

内定率×実績No.1 キャリアチケット

求人サイトには載っていない優良企業を200社以上を紹介してくれます。カウンセリング実績は60,000人以上。面接やエントリーシートなどを徹底サポートしてくれます。

おすすめポイント1 学歴に自信がなくても大丈夫

求人サイトに載っていない求人があり、ポテンシャル採用をしてくれます。そのため、学歴に自信がなくても問題ありません。人事には聞きづらいことも教えてくれます。

おすすめポイント2 面接のフィードバック

就職活動で困るのは落ちた理由がわからないことですよね。キャリアチケットでは面接後にフィードバックをしてくれるため課題を克服することができます。

キャリアチケットの詳細はこちら

イベント開催×内定直結 meets company

内定までのフローが圧倒的に早いです。就職活動に焦る人はぜひ一度参加してみましょう。

おすすめポイント1 一度に8社と会える

履歴書1枚で8社と会えることが特徴的です。社長等と座談会形式での選考の為、リラックスしながら自分をアピールでき、企業のことも深く知れます!

おすすめポイント2 一人ひとりにリクルーターがつく

年間3000名以上を内定に導くリクルーターがつきます。内定実績は62,000名です。

meets companyの詳細はこちら