就活留年の影響で不利になる!?言い訳や理由を対策

就活留年の影響で不利になる!?言い訳や理由を対策

「就職活動に出遅れてしまった。」「内定を獲得することができなかった。」「気分が乗らず就職活動をやれなかった。」など、就職活動に納得いかなかった時は、就活留年を検討しますよね。今回は、就活留年についてのアドバイスをしていきます。

就活留年とは?

就活留年とは、あえて卒業せずに、大学に在籍しながら就職活動を行うことです。

卒業して就職活動を行ってはダメ?

卒業をして就職活動を続けれる場合、「既卒就活」扱いになります。企業によって扱いが変わります。就活留年の場合は、通常の新卒と扱いは変わらない対応で就職活動を続けることができます。

就活留年のメリット

就職活動に慣れている

一度、就職活動を経験しているのでエントリーシートや面接を人よりもスムーズにこなせると思います。

就職活動を早めに始めることができる

就職活動を一度経験している方ならお分かりになると思いますが、就職活動は早めに始める人の方が圧倒的に有利です。就活留年を決めた時点でインターンシップなど次の動きができるようになると思います。

就活留年のデメリット

お金がかかる

大学によっては、在籍するだけであれば、安い費用で対応してくれるところもあると思います。しかし、多くの大学はもう1年分の在籍費用を支払って残ることになるでしょう。私立であれば、年間で100万円はくだらないと思います。

就活留年は不利になる?

結論、就活留年は不利にはなりません。留年をしたところで企業の評価は変わりません。変わらずあなたがどんな人であるのか、入社後どのように活躍

就活留年の理由は聞かれる?

聞かれる可能性が十分にあります。ただ、あくまであなた自身のことを知りたいために聞いているので、他の質問と変わらないと認識していましょう。

語れるよう準備

ありのままに話しても良いと思います。「就職活動に出遅れてしまった。」「サークルや部活動を先日までやっていたから」「受ける企業が極端に少なかったから」など、理由よりも反省を生かし、今、何を行っているかは非常に重要です。

ただし、鬱や病気の場合は、ありのままに伝えるのはあまり得策ではありません。完治しているのであれば、あえて伝える必要はないでしょう。

就活留年の過ごし方

就活留年になった場合は、もう絶対に負けてはいけません。しっかり活動をしましょう。

インターンシップに参加する

たくさんのインターンシップに参加して内定の確率を高めましょう。

就活エージェントを活用する

就活エージェントは、面接やエントリーシートの対策を一緒に行ってくれる味方です。

王道!安心感No.1 マイナビ新卒紹介

マイナビが行っている新卒紹介です。マイナビが新卒学生をサポートしてくれます。

おすすめポイント1 個別カウンセリングで自分らしさを再発見

キャリアアドバイザーがアドバイスをしてくれます。仕事での強みがわかる適正診断もしてくれるので就職活動に迷っている人でも自分らしさを再発見できます。自宅が遠い人はテレビ電話でも対応してもらえます。

おすすめポイント2 個々の面接対策をしてくれる

マイナビ新卒紹介でも個々に合わせて面接対策をしてくれます。企業の採用の傾向を教えてくれるので今までイメージで面接を行っていた人でもアピールポイントを整理することができます。

マイナビ新卒紹介の詳細はこちら 

 

内定率×実績No.1 キャリアチケット

求人サイトには載っていない優良企業を200社以上を紹介してくれます。カウンセリング実績は60,000人以上。面接やエントリーシートなどを徹底サポートしてくれます。

おすすめポイント1 学歴に自信がなくても大丈夫

求人サイトに載っていない求人があり、ポテンシャル採用をしてくれます。そのため、学歴に自信がなくても問題ありません。人事には聞きづらいことも教えてくれます。

おすすめポイント2 面接のフィードバック

就職活動で困るのは落ちた理由がわからないことですよね。キャリアチケットでは面接後にフィードバックをしてくれるため課題を克服することができます。

キャリアチケットの詳細はこちら

イベント開催×内定直結 meets company

内定までのフローが圧倒的に早いです。就職活動に焦る人はぜひ一度参加してみましょう。

おすすめポイント1 一度に8社と会える

履歴書1枚で8社と会えることが特徴的です。社長等と座談会形式での選考の為、リラックスしながら自分をアピールでき、企業のことも深く知れます!

おすすめポイント2 一人ひとりにリクルーターがつく

年間3000名以上を内定に導くリクルーターがつきます。内定実績は62,000名です。

meets companyの詳細はこちら